明けましておめでとうございます。

町内会の皆様へ                             平成31年1月1日
町内会長
班長一同

 明けましておめでとうございます。ご家族お揃いで、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。今年は平成から新しい御代への継承が行われ、若々しい希望に満ちた社会の到来が予感されます。

さて、私達は昨年四月に町内会の役員、班長になりましてから、早や九ヶ月が経過しましたが、この間、懸命に町内会業務に取り組んできたつもりでございます。
皆様との絆やふれあいを大切にし、桜ヶ丘に住むことの幸せを感じ、子や孫たちにとって誇りの持てる故郷にしたいとの認識のもと、新しい試みの取入れや、時代に合わせて少しずつ変えていく不易流行の勇気を持った運営を心がけて参りました。

従来にない新しい取り組みとして、10~11月の「あいさつ運動」、「ふれあい講演会(全5回)」、12月には町内会・桜プロジェクト・子ども会の三者共催による「環境学習」や町内会25ヶ所に及ぶ環境整備(樹木の剪定および枯れ木の伐採など)を実施しました。

さらに町内会のうれしい話題として、11月に桜プロジェクトが市政功労者賞を受賞、チャレンジスポーツ大会ではペタンクとビーチバレーが優勝、グランドゴルフの準優勝といった町内会皆様のすばらしい活躍もありました。

一方で昨年は、”災害級の酷暑”や相次ぐ台風の襲来を受けて桜ヶ丘にも多くの被害が発生し、自然災害への備えも新たな課題としてクローズアップしてきました。

これまで行き届かないこともありますが、
『一人はみんなのために、みんなは一人のために!』の町内会スローガンのもと、
高齢化対策などについて、役員や班長一同、気持ちを新たにして、残り三ヶ月に全力を尽くしたいと考えますので、何卒倍旧のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

会員の皆様のこの一年のご健勝とご多幸をお祈り申し上げまして年頭のご挨拶と致します。